逐次通訳

 

逐次通訳は通訳の中で最も知られた形態でしょう。話者が話した言葉を速やかに、つまりおよそ5秒以内にターゲット言語に通訳します。2つの言語が交互に交わされるため 「逐次」という言葉が使われるのです。この種の通訳を利用される場合、通訳者は取ったメモを参照するため、記憶だけを頼りにした通訳になることはありません。

通訳サービスは少人数で行われる二カ国語の会議、接待、授業・セミナー等の様々なイベントでご利用いただけます。

Expertransの通訳者ネットワークには、長年語学産業に従事している経験豊富な通訳エキスパートが数千名在籍しています。弊社の卓越した通訳サービスをご利用いただければ、貴社の事業の拡大をお手伝いできるものと確信しております。

見積り